*Risaki* リサキフェイクスイーツ  

2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ チョコレート

ブラック焼きドーナツ大阪初出展記念★チョコレートコーティングの配合とコツ★

焼きドーナツのシリコーン型破損ネタに続き…


大阪に納品した
焼きドーナツチョコレートコーティングのコツを
書いてみたいと思います。








今回も販売してるし
これからチョコ作りたくなってくる季節だし


結構聞かれるので ということもあります








分量はテクニックブックを参照してください。
トリュフのと同じくらいです。
ペーストは使う量で加減して絵の具の量を決めてください。




本を書いた後にわかったことは



モデナペーストもお休みしてからがいいのね、ってこと。
クッキー生地の理論?




チョコレートコーティングするときは
私は前日くらい前に仕込みをしてます。 ラーメン並!



密封して冷蔵庫で一日~おいて
使う前にまた霧吹きでゆっくりと水分を足します。
混ぜるときもぐるぐるしない。
横横に。






ブラックチョコレート配合は
パジコさんのプロスアクリックスのバーントアンバーと
100均のアクリル絵の具の黒を同量混ぜています。
100均とかの絵の具はプロスとかの専門の絵の具よりも薄い感じがするので
思ったよりは入れてます。
いい絵の具の黒を使う時には同量だと多いかも。
やっぱりすこしお値段がする絵の具は染料が濃いめ?ってことなのかなぁ。


2013_0819_204936-R0016780.jpg

これは黒(100均のもの)が少なかったので、後からこの倍いれました。






でも、色は決めてから混ぜるのが一番いいと思います。
私はペーストに混ぜながら調合しても成功した試しはない…です(ToT)








ブラックペーストの見た目は…


アスファルトのようなグレー~こげ茶より?
な色なら成功すると思います

見たら、え?こんなんで大丈夫?と思います、きっと笑




2013_0617_140337-R0016687.jpg

2013_0617_140312-R0016686.jpg






乾き始めが一番好き。
この瞬間を味わってもらいたい。見て欲しい。





完成するとおなじみのこちらになります。

チョコ焼ド










焼きドーナツの型、こりずにまた作ろうと思っています。
これからはフルーツとかも絡めて、カラーもたくさん…とか
構想だけはたくさんあります笑











もちろん他のコーティングにも使えます!
チョコレート、すこしでも参考になったら嬉しいです!






大阪大丸心斎橋店のイベントもよろしくお願いいたします!


参考にしとくよ!という方笑
ぜひクリックを

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェイクスイーツへ




ホビーショー作品 【チョコレートBOX】

チョコレート続き&勢いでアップです!




こんにちは。夜なべにはいい季節になりましたね。


私は、もう最近テンションが上がってきてしまい
あさっての授業参観にはどんなテンションで行くのか…自分がコワいです汗






さてさて。
 

チョコレートを上にのせてしまったBOXをつくりました!
チョコレートはランダムよりなぜだか並んでいるほうが好き。



このチョコレートも前回の記事のペーストでやってます。
割合は…ゴメン、適当です!



RisakiチョコレートBOX 
BOXサイズ:H7.5cm・W9.5cm・H3.5cm チョコレート含H6cm
チョコレート一個の径2.5cmになります。
エンブレムのような「R」マークはレジンでコーティングしてあります。








チョコのアップ。

2013_0415_074914-R0016558.jpg 





箱は、買ってから気がついたのだけど
中まで綺麗に表と同じ紙が貼られていました。

さすが、イーストサイドトーキョー&HEIKOさんですね!!!


2013_0415_074706-R0016555.jpg 





これからダマスク仕上げます。
間に合わせるぞーーーーー(@_@;)!!!   と、言い聞かせるぅ。




今回のチョコレートコーティングについて。ちと変えてます。

焼きドーナツ、その他にも使用している
今回のチョコレートコーティングについてですが



いつもはモデナペーストでやっていましたが
角を出したい表現の時とか
ゆるすぎて扱いにくいのも正直なところです。
煮詰めるか?と思ったこともありましたけど…あ、やってないですけどね。
色が決まりずらいとかいろいろありますよね。






そこで!
先日のチョコレートレッスンでも提案させていただいたのですが

モデナペーストにクリーミィホイップを混ぜるといいかも、です。
チョコレートとピンク、いい感じになります。
分量はだいたい同じくらい。




すこしツヤが失われるので
ゆるくするときにはグロスニスを混ぜるといいです^^
海外のチョコっぽいというか…マットなチョコは最適です。
気のせいかもしれないですが気泡も出にくいような…う~ん…気のせいかな?
グロスニスを混ぜるのは、大宮そごうのときに提案した方法です。








「ストロベリー焼きド」は
クリーミィホイップのピンクとモデナペーストでつくりました。
ニスで薄めただけで、シロとかは入れてないです。
やさしいカワイイ色がすぐに決まるのでお試しください。
薄めのピンクですがデコレーションするとちょうどいいと思います。


「チョコ焼きド」には絵の具の黒をたっぷりいれました。
絵の具の水分とツヤ感で、私はちょうどいいゆるさになったかな、と思いました。


あ、つけるときですがだーっと垂らすのではなく
入れ物にドーナツをさかさまにしてつけてます。
真ん中の穴がふさがってしまうのですが、楊枝でつぶすのがちょっと楽しいです^^

2013_0403_233109-R0016518.jpg2013_0403_234509-R0016522.jpg20130404_002923.jpg




そんなのもう知ってるよ~ん!という内容だったらごめんなさい汗
思うようにコーティングできるよう
これからもいろいろ試してみたいと思っています^^




またこのペーストを使った作品をアップしますのでお楽しみに



濃厚なチョコレートレッスンしてきたよ^^♪

クレイパティシエールのmansanさんからのご依頼にて
先日チョコレートレッスンをしてまいりました!

メンバーも場所も日程も下準備も会計もその他の雑用も
すべてmansanがしてくださり…感謝ですぅ(ToT)

mansanさん、ほんとうにありがとうございました


mansanのブログにてアップしてくださってます。
http://ameblo.jp/cat-mansan/entry-11474910214.html




メンバーがクレパテ有志の方々でしたので
こりゃ大変だ!と思いながら
ワタクシが知りうるチョコレートについての
ありとあらゆる事を伝授してまいりました←またまた大げさ


私が撮った唯一の写真がこちら
20130220_154517_convert_20130221164038.jpg



通常よりも長い時間集中して作っていただき
皆様とても頑張ってくださいました。
この後にまた別の講座に通う方もいらっしゃって…(@_@;)
皆様の熱心さが素晴らしいです!



mansanのブログより画像はおかりしました。
o0461030712427990712.jpg

o0461030712427992983.jpg



「教える」という作業は自分と向き合うことが必要だと再確認しました。
 いらしてくださった皆様もありがとうございました!!!
 作品制作にすこしでもお役に立てたら嬉しいです




ではまたね^^

チョコレートレッスンに向けていろいろと

クッキーシューとバレンタインも無事に過ぎたので
次のレッスンの準備をしています。

準備というか私自身も久しぶりなのでやっとこうかなぁと…おほほ


ご依頼のあったチョコレートレッスン。
いろいろ試しています。





ちょっとまだ遠くからでお願いします。
2013_0215_130807-R0016430.jpg


新しい配合でやってます。
すぐに形が作れてラクちんです^^ 自由自在だよ(^_-)-☆




サンプルとして、バレンタインの時のBOXに入れていこうかな。
おっと、四角形用はなかった(ToT)





最近、頭が働かないのか
一行日記みたいになっちゃってて文章が情けないです。すまん(ToT)



チョコレートは、コアな内容のレッスンになるように頑張りますので
お楽しみにねん♪